東京ワーママお出かけdiary

旅行代理店勤務ワーママによる子連れお出かけ記録。たまに読書記録も。

語りかけ 実は結構 難しい【子供の言葉を引き出す語りかけマニュアル】

最近の記事は知育づいてます(笑)

私の最近の最大の関心事がマコの言葉をもっと

引き出すことなので(^_^;)

今日、「何か子供の言葉の発達に関する本無いかな~」と近所の

本屋をうろついていて、「あれ、私以前そういうの買ったような・・」と気づき

家に帰って探したら、ありました(笑)!!

サリー・ウォードさんの「語りかけ育児」です。

マコが赤ちゃんの頃買って、まだ早いな~と読み流し

そのまま存在を忘れてたっていう爆弾爆弾

今日マコが昼寝している間に熟読しましたよ~あせる

買い物川柳 sailing day-DSC_0076.JPG

こんなに厚い本です。対象は0歳から4歳の子供の親。

長く読める本です。

買い物川柳 sailing day-DSC_0077.JPG

このように、「○ヶ月~○ヶ月まで」と、細かく分かれて記載されています

子供の成長に合わせてちょこちょこ読み進めていく本です。

こんないい本を家で眠らせていたなんて・・。

もっとこの本の指示に従っていれば、

マコの言葉ももっと伸びたのかも、と反省してます。(´д`lll)

一言でこの本の主張をまとめると、

「一日30分、本気で子供と向き合う時間を持ちましょう」という事。

その30分の過ごし方、部屋の環境、おもちゃ箱に入れておくべきもの、

言ってはいけない言葉、テレビの付き合い方 等、

支持が多岐に渡っていて、具体的です。

日本の育児書はフンワリとして、断定口調が少ないのに対し

(育児書全てをチェックしたわけではないですが・・)

著者がイギリス人な為か、かなり断定口調です。

「こうすべき」「こうしてはいけません」「こういう子供は心配です」等。

読んでいて身が引き締まる思いですヽ(;´Д`)ノ

読んでいて不快に思う人はいるかも。

私にはそれくらい自信満々に言ってくれた方が信用もてます。

この本に従って、今日もマコときっちり向き合う時間を寝る前にもちましたよ~。

普段よりとても楽しそうで、言葉も随分出てました!

今日初めて言った文は

「ママ ほん かして」「あかい 大きい ジョウロ」「あした プール 入る。 ○○ちゃんも」

などなど。

楽しかったようで、寝付きが普段より遅かったですDASH!

私の気力が続く限り、きっちりマコと向き合って

言葉をどんどん引き出してあげたいです音譜